オガンダイビングのご紹介

西表島から南西約30km離れ、紺碧の海に佇む島「仲之御神島」。
それが通称「オガン」です。

西表のオガン

数少ないカツオドリの繁殖地として知られ、
鳥保護区域に指定されており上陸は禁止されています。

外洋ならではのディープブルーの世界。透明度は常に40mを超えます。
地層がむき出しになり、切り立ったダイナミックな地形と
2mオーバーのイソマグロやバラクーダなどの海の猛者たちとの遭遇
アドレナリン全開の「オガンダイブ」。

海の中は黒潮の支流がかかるため流れが速いことも多く、
経験の豊富なダイバーしかお勧めできない海。

西表にしかないこの海をあなたに感じてほしい・・・。

オガンダイビングのご参加条件

うなりざきでは、安全上の理由からオガンへの参加条件を設けさせて頂いております。
ダイビング経験本数50本以上であること(推奨本数 100本)
潜降、浮上がスムーズであること
フリー潜降・中性浮力ができること

オガンご参加は2日目以降になります。
(初日は身体を窒素に慣らしていただく為にも西表周辺でお楽しみ下さい)

尚、初日にガイドさせていただいたスタッフの判断の下、ご参加を決定させていただきます。
ご了承下さい。

オガンを狙い易い時期

5月・6月上旬・7月・8月・9月
*海況によって行けない場合もありますので、ご了承ください*

オガンダイビングの主要ポイント

東の根

根のトップが-15m
ボトムが-50~60mのドロップオフ
ビルの様な根に潮がぶつかり、
魚群が沸き
泡が横に走る中、根にしがみつく。

目の前を2m級のイソマグロが悠然と泳ぐ姿は圧巻。

見られる魚:イソマグロ群れ・グルクン群れ・テングハギモドキ群れ・ナポレオン

3の根

切り立った岩が連なり、
泳ぐドリフトで広範囲に魚群を探す。

イソマグロ・バラクーダが群れを成し、
ツムブリに巻かれ、
深場からカスミアジ1000匹の大群が姿を現す。

1度これを見てしまうと、あなたもオガンの虜に。

ポテンシャルの高さはNo.1。

見られる魚:
イソマグロ群れ・バラクーダ群れ・ツムブリ群れ・カスミアジ群れ・ロウニンアジ・ナポレオン

洞窟

神の悪戯か?
真四角に切り取られた青い洞窟。
階段状の岩や大きな岩盤がおりなす遺跡のような雰囲気。
ここならではのダイナミックな地形をお楽しみください。

オガンのドリフトスタイルと安全管理

オガンでドリフトダイビングを行うために、以下の三つの安全対策を行っています。

1.ドリフトでも安全、安心.。ボートのプロペラが出ていないウォータージェット搭載。

ogan_driftdiving_1

2.ガイドのドリフト用フロートを2種類常備。

ogan_driftdiving_2

(左:1.5mのフロート、右:レーダー反射装置付フロート)

3.ボートには、AED・純酸素を常備。

ogan_driftdiving_3